この恋愛テクニックは早めに読めば良かった

“出会いがない”などと悲嘆している人は、実際は出会いのチャンスがないのではなく、出会いがないと釈明することで恋愛を見ないようにしているとも考えられます。

出会いのきっかけを入念に探っていれば、来週にでも、社員食堂でも遭遇することができます。

大事なのは、自分が自分の理解者であること。状況に関わらず、個性的に光っていることが不可欠です。

恋愛をしている期間には、謂わば“華やぐ心”を創出するホルモンが脳内に現れていて、やや「特殊」な状況に陥っています。

子供時代からの環境の変化に慣れず、変わったことなどしなくても「今すぐにでも出会いがあるに違いない」などと軽く考えているから、「出会いがない」「素敵な出会いなんでどだい無理」などとネガティブになってしまうのです。

「微笑」 は唯一の恋愛テクニック

ビックリするかもしれませんが、恋愛には相思相愛になれる明確な戦法が発表されています。

異性の目を見て喋れないという方でも、ちゃんとした恋愛テクニックを練習すれば、出会いに気づき、想像以上に相手と意思疎通がはかれるようになります。

手軽に実践できる恋愛テクニックとは、結局のところ「微笑」だということをご存知ですか?

いい感じのニッコリ顔を保ってください。

ワラワラとみんなが集まってきて、親しみやすい雰囲気が現れるものです。

しんどい恋愛の悩みを話すことで気持ちが朗らかになる他に、どん詰まりの恋愛の事態をくつがえす動機になると言えます。

出会いを欲するなら、暗い顔は今日までにして、意識的に正面を向いてにこやかな表情を創造することをお薦めします。

口角を下げないようにすれば、話し方まで上向きます。

ヒトは知り合ってからほぼ3回目までにその人物との相関性が見えるという理屈が含まれています。

「恋仲になる人が現れないのは、私の努力が足りないってこと?」。

心配はご無用。

簡単に言えば、出会いがない単調な毎日をサイクルとしている人や、出会いのために利用するツールを取り違えている人が大勢いるということです。

心理学的な観点では、ヒトは知り合ってからほぼ3回目までにその人物との相関性が見えるという理屈が含まれています。

ほんの3回の会話で、彼女が友だちに過ぎないのか恋愛の範疇なのかが判断がつくのです。

自分の理想をはっきりわかること

思考が、わたしたちの行動、癖、性格、はては人生までもを決定する以上、思考をコントロールできるようになることはなによりも大切なのです。

まず理想の自分のイメージをつくること。

そして2つめに、何があろうと、持続的に、そのイメージ通りの自分を続けるのです。

偉大で強い性格というのは、将来の目的のためには目の前の楽しみを犠牲にする覚悟をもってこそ手に入る、ということを忘れないようにしましょう。

日々、年々、高い理想の自分を続けていくことにより、最終的には目的の性格を手に入れることができるのです。

人生とは、目先の喜びのために生きるものではなく、すべての人に与えられた、高い理想を達成するためのチャンスなのです。

楽をしようとしたり、誘惑に負けたりすれば、その先には今までよりも悪い自分の姿しか待っていません。

その先には、長く続く真の喜びは待っていないのです。

「理想の人生とは何か」ということよりも、「理想の人生を送れるか」ということの方が重要なのです。

理想の人生自体を吟味することにはあまり時間を費やすべきではありません。理想な人生を判明できたら、理想の方と出会えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする