中国ネット討論爆発!中国司法部公式発表、中国の永住権許可はさらに簡単

中国永住権の難しさは世界中でトップ級。

政府は中国の永住権政策はこれまで明らかなにしていないからだ。

しかし、2020年2月27日、ついに中国の法務省(司法部)は「外国人永久居留管理条例」(「外国人の永住者管理に関する条例(協議案)」)は公表された。(協議案といっても法律と同様)

中国ネット上の討論は爆発した。

「これから、中国では外国人は一層増えるじゃない」などの声は中国で広がっている。

しかし、中国人でもほとんどの人が「外国人の永住権の管理に関する規制(協議案)」の意味は理解していない。

今「外国人の永住権の管理に関する規制(協議案)」について詳しく説明する。

中国政府公式サイトにより、当規制(協議案)は「外国人の永住権申請の条件の明確化」、「永住権の適用に関する規制」、「外国人の永住権の規制」、「外国人の永住権の簡素化」を目的とする。

これにより、中国の永住権政策は漸く明らかになっている。

簡単に言えば「外国人は中国の永住権をより簡単に取れるだ」

さらに、この「寄稿案」は、外国人が中国の永住権を取得するための3つの突破口を開くことになった。

  • 一つ目はエリートの外国人
  • 二つ目は中堅の外国人
  • 三つ目は結婚を選ぶ外国人

それでは、ひとつずつ説明していこう。


エリートの外国人

「外国人の永住権の管理に関する規制(協議案)」により:
科学技術、教育、文化、健康、その他の世界の分野、優れたパフォーマンス、パフォーマンスサポート、外国人、永住権申請を直接適用できます。中国、社会開発、果物、外国人、国内関係当局、州、自治区、市町村からの顕著な貢献、国民の政府からの推薦、受け入れの申請、永住権降りる可能性ある。

「外国人の永住権の管理に関する規制(協議案)」

「エリート」の外国人の定義はよくわかったよね。

結構厳しいですね。

なぜ、中国はエリートの外国人を早く引き入れることになった?

エリートはどの国にとっても、とても重要な人材資源であるからだ。

アメリカは20世紀、世界最も先進的な国になった重要な理由も、2回世界大戦中にヨーロッパから多くのエリートを掘り出したからだ。

アインシュタインはドイツ人で、彼はユダヤ人であるため、迫害されてしまってアメリカに行き、アメリカ市民権を取得したもまさにその一例。

2004年までの中国は、外国人による永住権の申請の判断基準はとても厳しかった。

この問題を解決するための明確な政策を導入する必要があるだと政府は判断した。

それで、2004年に、中国は「外国人の中国の永住権評価と承認管理法」を導入し、主に「エリート」の人々からの永住権申請を受ける目的としている。

今まで10年以上経ってる。昔の実行経験により、まだ多くの問題は残っているが、

今月発表した「外国人の永住権の管理に関する規制(協議案)」は2004年の「外国人の中国の永住権評価と承認管理法」の改善法案だと考えて良い。

現在の「規制(協議案)」は明らかになった理由は下記の三つだと考えられる

  • 一、永住権を取得することであり、その中核となる原則は「国家安全保障と利益のニーズを満たすべきだ」
  • 二、基準を改良することは協議草案に詳しく反映されるようになった
  • 三、国が人材の導入であれ投資であれ、実際の貢献度を基準として使用される。

しかし、「エリート」の人はどこの国でも、国は歓迎するので、

もっと一般的な、現実的な中国永住権の取得方法を見よう。

中堅の外国人

中堅の外国人は以下で定義:

〇国家重点発展の対象業界、地域が導入するあるいは主管部門が推薦する誘致が急務となっている人材など、国家の経済・社会発展のために必要とみなされた外国人は、永久居留資格の申請を行うことが可能。

「外国人永久居留管理条例(意見募集稿)」により

さらに「中堅」に関して、この規則の第15条はまさに中堅対象というグループに方針を定めている。

第15条法律に従って中国で働く外国人は、次のいずれかの状況に属し、税務記録と信用記録が良好である場合、永住権を申請できる。

(1)博士号または有名な国際大学を卒業し、中国で3年間働いており、1年以上の実際の滞在期間を蓄積している。

(2)州が発展している主要産業および地域で3年連続で勤務し、その間、累積実際の滞在時間は1年以上であり、年収は前年にあった地域の都市従業員の平均賃金の4倍以上でなければならない;

(3)中国で4年間連続して勤務し、その間、実際の累積滞在期間は2年以上であり、年間給与収入は前年の同地域の都市部従業員の平均給与の6倍以上である。

(4)8年間連続して中国で働いた経験があり、その期間中に実際に居住した期間は4年以上であり、年間給与収入は前年に住んでいた地域の都市従業員の平均給与の3倍以上である

前項第2項から第4項に規定されている給与ベースの年収は、最低基準であり、特定の基準は、中央政府直下の州、自治区、市町村の人民政府によって決定されるものとする。

中国は大型航空機、チップ、自動車、計装、材料技術などのハイエンド産業において、先進国との差が大きいので。

「前項の第2項から第4項に規定された最低年収所得は最低基準であり、特定の基準は、中央政府直下の州、自治区、および市の人民政府によって決定されるものとする」。つまり、それを審査および決定できるのは地方政府ではなく、入国管理局に報告する必要があると言うことだ。

3結婚

第17条家族再会の必要とする外国人は、以下の状況のいずれかに該当する場合、永住権を申請できる。

(1)配偶者は、中国に永住し、結婚後5年間中国に配偶者と住んでおり、毎年9か月以上の実際の居住を安定した生活安全と居住地で持っている中国市民または外国人です

「外国人永久居留管理条例(意見募集稿)」により

その原因を説明する。実は中国の男女バランスが原因。

国家統計局により、2019年の中国本土の総人口は 140,005万人で、前年末より467万人が増加している。

性別構造のから見ると、総人口の男性は 71527万人、女性は 68478万人、性別比率は104.45(女性100に基づく)。

問題ないように見えるだが。。。

しかしそうではない。

1994年以降に生まれた人のうち、男女の性比は110を超えていた!

そのうち20から24歳までの性別比率は110.98、15から19歳までの性別比率は117.7、10から14歳までは118.46です。

つまり、性別の不均衡は主に若者に集中しており、90年代以降の年齢層では、性比は110を超え、00以降は性比が118を超えているは明らかになった。

これはどう言う意味かと言うと、

将来、2000年代以後生まれた男性の約18%が同年齢の女性とペアリングできないと言うことなんだ。

つまり男性は余ってしまうこと。これは非常に深刻な社会問題である。

Li Shuzhengなどの学者は、中国が2000年以降、深刻な男性の結婚困難になると判明した。

2013年以降、中国の男性の過剰人口は毎年10%を超え、2015年から2045年まで15%を超え、平均で年間約120万人になる。

男性は結婚市場で結婚相手を見つけることができない。

将来、性別の不均衡はより深刻になるだけでなく、都市化の割合が増加し続けるにつれて、都市部と農村部の男女の不均衡はさらに深刻になる。

この都市にはサイフォン効果があり、都市に資金や才能を呼び込むだけでなく、面倒なこともあり、男性と女性のサイフォン容量には大きな違いがある。

簡単に言えば、農村部の男性は能力がなければ仕事に行くことは難しい。

女性は結婚によって簡単に大都市に生きることができる。

もともと、この国には性別の不均衡が原因となり、都市はより多くの女性を惹きつけ、最終的に農村部の男性と女性の比率の不均衡をさらに悪化させてしまうことになった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする